白?大前接骨院

受付時間

白?大前接骨院

受付時間

交通事故に遭ったら

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 事故直後は何ともなかったのに数日後首が回らなくなった
  • こんなにつらいのにレントゲンで異常なしと言われた
  • 最近頭痛や腰痛まで出て来た
  • 事故以来どうも身体の調子が悪い
  • むちうちの治療がうまいところを探している

交通事故で痛みや違和感があったら|小山市 白鷗大前接骨院・ハーヴェストウォーク鍼灸接骨院

事故後医療機関を受診すると、多くの場合「頚椎捻挫」や「頚椎損傷」といった診断を受けます。

その後の治療は痛み止めや牽引、湿布薬、リハビリなどを行ない、数か月で終了します。

しかし、交通事故は非常に強い衝撃を受けるため、患部以外もダメージを受けていることが多いのです。

治療終了後頭痛やめまい、吐き気、手足のしびれ、不眠など様々なことが起きやすく、しかも時間が経過しているため後遺症だと認めてもらえないケースが多発しています。

白鴎大前接骨院・ハーヴェストウォーク鍼灸接骨院では、交通事故の治療・リハビリに特化したプログラムを持っています。

患部だけでなく全身を調べ異常のある箇所を特定し、その部分を含めた全身治療を行なうのです。

一日も早い治療で後遺症の軽減へ|小山市 白鷗大前接骨院・ハーヴェストウォーク鍼灸接骨院骨院

例えばむちうちの場合、最初の頃は首の痛みだけかもしれません。

しかし多くの場合、衝撃によって背骨や骨盤にも歪みが生じています。

当院では全身をくまなくチェックし、首と同時に全身の歪みを整えることによって早期の回復を目指します。

放置すると歪みはどんどんひどくなり、血管や神経を圧迫して日常生活が困難になる場合もあります。

小山市周辺で交通事故後の症状にお悩みの方は、ぜひ白鴎大前接骨院・ハーヴェストウォーク鍼灸接骨院にお越しください。

交通事故直後の注意点|小山市 白鷗大前接骨院・ハーヴェストウォーク鍼灸接骨院

1.その場で相手と交渉しない

治療費や示談書、念書などの交渉や話し合いは、その場で行なってはいけません。

治療が長引くケースも多く、後でトラブルの元となります。

まずは警察を呼び、問題が起きた場合は専門家を交えて話し合いをしましょう。

2.すぐに警察に連絡を

保険請求には、自動車安全運転センター発行の交通事故証明が必要です。

交付には警察への届け出が必要なので、加害者・被害者どちらの立場でも、警察に連絡してください。

特にケガがある場合は、人身扱いの届出が大切です。

当事者だけで示談や物損事故として処理してしまうと、後に様々な問題が出ても請求できなくなる可能性があります。

3.必ず加害者の確認をしましょう

ご自分が被害者の場合は、必ずその場で以下の項目を控えてください。

  • ・加害者の住所・氏名・連絡先
  • ・加害者の勤務先と雇い主の住所・氏名・連絡先
  • ・加害者の車種・ナンバー
  • ・加害者が加入している自賠責保険や自動車保険の会社名、証明書番号 など

相手の免許証や車体、ナンバープレートなどを画像に撮っておくとよいでしょう。

4.事故目撃者がいたら連絡先を交換

第三者の目撃証言によって、示談交渉が有利に進むことが少なくありません。

現場に目撃者がいたら証言をメモし、お互いの連絡先を交換してください。

また、現場の写真や動画を撮影しておくと安心です。

5.必ず医療機関で検査を受ける

直後は痛みを感じない人が少なくありませんが、それは脳が興奮して痛みの感覚が失われているためで、中には1ヶ月以上経ってから症状が出ることもあります。

速やかに医療機関を受診しましょう。

6.保険会社への連絡は早めに

加害者でも被害者でも、保険会社には早急に連絡しましょう。

遅くなると補償の申請を受け付けてもらえないことがあるのです。

また、治療の都合で転院した場合その都度連絡を入れないと、保険金の支給を拒否されることもあります。

7.治療関連の領収書は必ず保管

治療費を自賠責保険や任意保険で補償してもらう場合、入院費や治療費、通院時の交通費などの証明が必要です。

治療関連の領収書や証明書は、必ずすべて保管しておきましょう。

お問い合わせ

白鷗大前接骨院

白鷗大前接骨院

住所
〒323-0041
栃木県小山市大行寺1029-1
院長
星野 浩紀

受付時間

白鷗大前接骨院

白鷗大前接骨院

住所
〒323-0014
栃木県小山市大字喜沢1475
院長
木本 健太

受付時間