白?大前接骨院

受付時間

白?大前接骨院

受付時間

整骨院の上手な通い方

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 骨には問題ないからと鎮痛薬しか出してもらえなかった
  • 近くの整形外科はMRIやCT検査が出来ず原因不明と言われた
  • 飲み薬やブロック注射では一時的な効果しかない
  • どこも悪くないという結果が出たが腰痛に悩まされている
  • どの薬でも改善せず困っている

画像に写らない不調は整骨院へ|小山市 白鷗大前接骨院・ハーヴェストウォーク鍼灸接骨院

交通事故後の診察でレントゲンやMRI検査を受けても、原因がわからないことはよくあります。

レントゲンで有効なのは骨だけで、筋肉や軟骨、靭帯、神経などの損傷は判断できません。

また、MRIでは筋肉、関節、血管などの情報を得ることができますが、機械の性能によって画像に雲泥の差があり、判断が難しいことがあります。

そのため、ほとんどは鎮痛薬や湿布、ブロック注射といった対症療法のみで、完治せず後遺障害が残りやすいのです。

診断に納得できない方は|小山市 白鷗大前接骨院・ハーヴェストウォーク鍼灸接骨院骨院

異常なしと結果が出たが痛みが引かない、指導通りにしているのに良くならないなど、診断に納得できず不安や疑問を感じている方は、そのままにしてはいけません。

悪化して回復が困難になってしまう前に、小山市の白鴎大前接骨院・ハーヴェストウォーク鍼灸接骨院の施術をお試しください。

整骨院と医療機関の違いと通院|小山市 白鷗大前接骨院・ハーヴェストウォーク鍼灸接骨院

医療機関は西洋医学による治療で、血液検査や画像検査などから傷病名を割り出し、医学的根拠がある治療法を施します。

しかし原因が掴めないことも多く、その場合は対象療法しかありません。

それに対し整骨院の治療は東洋医学をベースにしており、当院では一人一人に問診や触診を行ない、根本の問題を見つけ出します。

つまり、頭痛で受診すると頭痛薬を処方するのが病院や整形外科、頭痛を引き起こす根源を見つけ、そこから正していくのが整骨院です。

1.交通事故後の通院法

事故後は1週間以内に必ず医療機関に行き、検査と診断を受けてください。

特に交通事故の場合身体のあちこちに問題が起きていることが多いので、症状を正確に伝えましょう。

また、時間が経ってから不調が出た場合も、自己判断せず必ず病院を受診してください。

2.症状による治療法の違い

  • ・骨折
    骨折の場合は、経過に合わせて治療を行ないます。
    ギプスが外れたら、固まった筋肉をほぐし運動能力を回復させることが重要です。

整骨院では手技に筋肉トレーニングやストレッチなどをプラスした施術をし、ギプス取外し後は医療機関への通院と並行して、整骨院でもリハビリを行ないましょう。

  • ・むちうち、腰痛
    骨に異常がないため、病院や整形外科では対症療法しかできません。
    逆に整骨院ではこの種の治療を最も得意としており、緑ヶ丘鍼灸整骨院では痛みだけでなく筋肉や関節、骨格の歪みを調整し、後遺症のない根本回復を目標としています。
    医療機関で定期的に検査を受けて状態を確認しながら、一人一人に最適な方法で早期回復を目指します。

これまでの治療に満足できない方は、全力で最善の施術をご提供する小山市の白鴎大前接骨院・ハーヴェストウォーク鍼灸接骨院にご来院ください。

お問い合わせ

白鷗大前接骨院

白鷗大前接骨院

住所
〒323-0041
栃木県小山市大行寺1029-1
院長
星野 浩紀

受付時間

白鷗大前接骨院

白鷗大前接骨院

住所
〒323-0014
栃木県小山市大字喜沢1475
院長
木本 健太

受付時間