白?大前接骨院

受付時間

白?大前接骨院

受付時間

頚椎捻挫・頚椎損傷

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 事故後首がほとんど動かない
  • レントゲンでは骨折も脱臼もしていないと言われたが痛い
  • 耳が詰まっているような感じや目のかすみがある
  • 手のしびれがひどく物をうまく掴めない
  • 首の捻挫だから安静にしていろと言われたができない

頚椎捻挫・頚椎損傷とは?|小山市 白鷗大前接骨院・ハーヴェストウォーク鍼灸接骨院

頚椎(けいつい)とは首の後ろ側を走る7つの骨から成る部分です。

この部分が交通事故やスポーツ、転倒や転落などで傷ついてしまうことを「頚椎捻挫」といい、いわゆるむちうちのことです。

また、脊椎損傷とは、同じような事故で骨折や脱臼を起こすことを指します。

頚椎の中には頚髄(けいずい)という神経があり、ここが傷つくと首から下の筋肉が麻痺し、寝たきりになってしまうこともあります(頚髄損傷)。

どちらも交通事故の典型的な症状で、特に有効な治療法はありません。

頚椎捻挫は痛み止めと安静で治癒が期待できるものの、頚椎損傷の場合は一度損傷した部分は元通りにはならないため、リハビリが中心となります。

頚椎捻挫や頚椎損傷を放置すると?|小山市 白鷗大前接骨院・ハーヴェストウォーク鍼灸接骨院骨院

交通事故でこれらの障害が起こっても、すぐに傷みやしびれなどの症状が出るとは限りません。

特に頚椎捻挫は頚椎がダメージを受けているにも関わらず、しばらく気が付かないことがあります。

しかし実際には頚椎が損傷しているのですから、それをかばおうと周りの筋肉や靭帯には負担がかかってしまいます。

筋肉が収縮を続けると血行が悪くなりますし、常にその部分が緊張していると交感神経が活性化し、自律神経が乱れてしまいます。

すると痛みやしびれを強く感じたり、事故のフラッシュバックが起こりストレスが溜まりやすくなったりしてしまい、心身ともに悪化することが多いのです。

当院の治療方針|小山市 白鷗大前接骨院・ハーヴェストウォーク鍼灸接骨院

小山市の白鴎大前接骨院・ハーヴェストウォーク鍼灸接骨院では患者様の全身をチェックして、首はもちろんそれ以外の部分に問題がないか把握し、治療方法を決定します。

まずは安静にしていただき、症状が落ち着いてから凝り固まった筋肉をほぐし、血行を良くしていきます。

さらに、頚椎からつながる胸椎や腰椎、骨盤まで調べ、歪みがあれば矯正していきます。

この施術によって神経の流れがスムーズになり、症状が軽減していくのです。

しかし、安静によって筋肉を動かさないでいると、筋力低下や筋肉硬化などを招き、身体の歪みを矯正しても悪い状態に戻りやすくなります。

そこで筋力アップ効果のあるリハビリも行ない、早期回復と後遺障害のない健康な身体つくりを目指します。

頚椎捻挫や頚椎損傷と診断され納得のいく治療を受けられていない方は、ぜひ一度小山市の白鴎大前接骨院・ハーヴェストウォーク鍼灸接骨院にご相談ください。

お問い合わせ

白鷗大前接骨院

白鷗大前接骨院

住所
〒323-0041
栃木県小山市大行寺1029-1
院長
星野 浩紀

受付時間

白鷗大前接骨院

白鷗大前接骨院

住所
〒323-0014
栃木県小山市大字喜沢1475
院長
木本 健太

受付時間