白?大前接骨院

受付時間

白?大前接骨院

受付時間

むち打ち症とは?

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 治療したが頭痛やめまいなどが起こるようになった
  • 首から肩にかけて動かすと痛い
  • 事故以来腕に力が入らずしびれもある
  • 背中は打っていないのに傷みやコリがひどい
  • レントゲンで骨に異常がないからと、痛み止めや湿布薬しかくれない

むちうちとは?|小山市 白鷗大前接骨院・ハーヴェストウォーク鍼灸接骨院

交通事故などの衝撃で首が前後に大きく振られ、頭の重みで頚椎部分が捻挫する症状をさします。

しかし、むちうちの特徴として、事故直後は症状を感じないことが多いことが挙げられます。

これは、脳が興奮状態になるため痛みの情報を脳が感知しなくなるからではないか、といわれています。

そのため、首に多少の違和感があっても放置してしまい、数日あるいは1ヶ月以上経ってから痛みやしびれ、頭痛、めまいなどそれまでにない症状が出てくるのです。

後遺障害が残ったり慢性化することも|小山市 白鷗大前接骨院・ハーヴェストウォーク鍼灸接骨院骨院

むちうちはすぐに治療を開始すれば、整形外科に3ヶ月程度通院すれば治癒するといわれています。

しかし、冷湿布や温湿布をして安静にしたり、首にコルセットを2~3週間つけていなくてはならなかったりと、日常生活で続けるのは大変です。

また、しばらくしてから症状が出た場合、すでに悪化している場合もあります。

むちうちは普通のケガと違い、放置して治るというものではありません。

最も強く衝撃を受けたのは首ですが、首は脊柱の一部分で、頚椎、胸椎、腰椎、仙骨と、頭部から腰までつながっています。

そのため、首以外の部分にも影響を及ぼし、首は痛くないが腰痛がひどいとか、背中がバリバリになるといった症状が出て、慢性化することもあるのです。

当院の治療方針|小山市 白鷗大前接骨院・ハーヴェストウォーク鍼灸接骨院

医療機関で治療を受ける場合、半年程度で現状以上の大幅な改善は見込めない「症状固定」と判断され、治療が打ち切りになってしまうことがあります。

むちうちはレントゲンでは判断できないため、医師のこれまでの経験と患者からの症状の申告を照らし合わせ、3ヶ月~半年程度を一区切りとしてしまうのです。

しかし、実際にはそれ以降も首や肩、背中、腰の痛みやめまい、頭痛、耳鳴り、吐き気、しびれなど様々な症状に悩む方はたくさんいます。

そこで小山市の白鴎大前接骨院・ハーヴェストウォーク鍼灸接骨院では、それらの症状を起こしている原因を首ではなく、骨格や骨盤の歪みにあると捉え、その部分から矯正していきます。

すると脊柱の位置が正しくなり、首周りを圧迫していた筋肉や神経、血管などが緩み、痛みが緩和していくのです。

当院には交通事故治療のプロが在籍しており、さらに提携する弁護士や行政書士が面倒な手続きをサポート致します。

安心してむちうちの治療に専念したい方は、ぜひ小山市の白鴎大前接骨院・ハーヴェストウォーク鍼灸接骨院にご来院ください。

お問い合わせ

白鷗大前接骨院

白鷗大前接骨院

住所
〒323-0041
栃木県小山市大行寺1029-1
院長
星野 浩紀

受付時間

白鷗大前接骨院

白鷗大前接骨院

住所
〒323-0014
栃木県小山市大字喜沢1475
院長
木本 健太

受付時間