白?大前接骨院

受付時間

白?大前接骨院

受付時間

スタッフブログ

過失割合とは何か?

過失割合とは何か?

小山市にお住まいの方で事故に遭われてしまった事はありませんか?現在、事故の後で過失割合の示談でお困りの方や過去に過失割合で困ってしまったという方はいらっしゃいませんか?

過失割合とは、交通事故が発生した際の双方の過失(不注意によるミス)を割合で示したものです。
わかりやすく言えば、交通事故におけるそれぞれ「当事者の落ち度」の程度を割合で、示したものです。
交通事故の示談では、「過失割合」が問題となる事が少なくありません。

そもそも交通事故に遭われてしまった事はありませんか?

例えば、車対車、車対バイク、車対人、バイク対バイクなどなど様々ありますが、今回の問題点は「過失割合の計算方法」の為、片方が一方的に悪い事故というのは除外し、お互いが悪いという事故について解説させて頂きます。

過失割合が10対0の場合には(追突事故のように片方が一方的に悪いと判断された)加害者(追突車)が損害の金額を負担する事になりますが、双方に過失がある場合、損害を各当事者の過失の程度に応じて分配する必要が生じます。
後々「正しい知識をもっていれば」と後悔しないよう、しっかりと理解しておく事が重要です。

過失割合は双方の賠償金額(負担額)に直接関係がある重要な部分となります。過失割合が1大きくても少なくても金額に大きな差が生じてしまう為、事故後はパニックになってしまうかも知れませんが「事故」を理解しておく事で冷静になる事ができ、すぐに納得してしまわないよう注意しましょう。
過失割合が0と1では大きな差がある為いくら自分が悪くても相手の非を探し9対1以上になるよう示談してみて下さい。

信号待ちで停車中の車に後続車両が脇見運転や前方不注意で追突した場合やスーパーやコンビニなど施設内の駐車場で停車中の車へぶつけてしまった場合(もらい事故)や信号無視をしてきた自動車が交差点で青信号を横断中の歩行車をはねた場合など、これらは片方が全面的に悪い(過失割合が10:0)となるケースが多いです。

しかし実際の交通事故では、当事者双方に何かしらの過失がある場合も多いと言えます。

具体的な例を挙げますとお互い走行中に、一方が速度違反、一方が脇見運転をして接触事故を起こしたとしますと6対4、または7対3などの過失割合になる場合が多い事(10:0とはならない)や信号機の無い交差点での衝突事故、いわゆる出会い頭の交通事故の場合には、双方の交差点進入時の確認に落ち度があったと判断される事がほとんどです。

また、歩行者をはねてしまった場合には自動車やバイクが全て悪くなってしまうとお考えの方は多いとおもいますが、歩道の近くに横断歩道があったにもかかわらず、横断歩道を渡らずに車道を横断していた場合などには、歩行者側にも一定の落ち度(過失)が認められる事があります。

加害行為によって損害が生じた時でも、被害者側にも過失(落ち度)があれば、その程度に応じた過失相殺を行う事が決められています。(民法722条2項)

例えば被害者側に120万円の損害が生じていた時に被害者側に20%の過失があれば加害者側の賠償負担が軽減します。

(120万円×80%=24万円)となります。最終的な損害賠償額に大きな影響を与えるので、示談においてとても重要となります。

過失割合は、警察が決めるのではなく警察が現場確認した記録を元に各当事者の保険会社が協議し、決定する為、示談は保険会社とのやり取りとなります。

過失割合がどうしても納得いかない場合には相手側の過失割合の根拠を書面で提出してもらったり、ドライブレコーダーの記録目撃者の証言など客観的な証拠を再度見直してみて下さい。
更にどうしても納得いかない場合は裁判を行えるので頭の片隅に置いておきましょう。

過失割合を決める(計算)上で参考となるのは大きく分けて3つとなります。

・事故の類型

・事故の態様

・修正要素

です。

事故の類型とは、前述にもあったように車対車や車対バイク、車対人などの区別です。
一般的には人<自転車<バイク<車の順で過失割合は大きくなります。丈夫で力が強い方が過失割合が大きくなってしまうとなります。

事故の態様とは事故状況や当事者双方の動きに着目して事故の分類をしたものです。
具体的には、「正面衝突や前方の車両への追突」「左右折時歩行者を巻き込んで衝突」というように分けます。
信号や一時停止規制の有無、それぞれの道路の幅員(道幅)の違い(広い道路が優先)、衝突事故の進路(直進か右左折か)などといった細かい要素によっても過失割合が異なってきます。

修正要素とは最終的な過失割合は、事故の類型と事故の態様を基本的な過失割合をベースに、事故における個別の事情を加味して最終的に決められます。

例えば、被害者が速度違反をしていた、ライトを点灯していなかった、ウインカーを出していなかったなどがあっは場合に過失割合が修正されます。

過失割合を損害賠償額に反映される計算方法はご存知でしょうか?
当事者の中で決定した過失割合は最終的な損害賠償の支払額に反映されます。交通事故の損害賠償における過失割合がどのように最終的な損害賠償の支払い額に影響するのかみていきましょう。

例えとしまして、事故の類型は車対バイク、事故の態様は青信号でバイクが直進中、右折車と衝突事故が発生したとします。
損害賠償は車が90万円、バイクが10万円でお互い特に違反はなかった為修正要素は無しとなります。
車の損害が90万円バイク側の過失割合は10%でバイク側が負担する車の損害金額は9万円となり、車側が負担するバイクの損害金額は8.1万円となります。

小山市にあるtotal health care TSUNAGI 接骨院 GROUPでは事故による治療の窓口負担金が0円で受けられます。
小山市で口コミ数が一番多い鍼灸接骨院です。

当院では痛みを取り除く事だけではなく姿勢改善や日常生活の癖の改善指導なども行っております。
怪我やむち打ちなど是非当院にお任せ下さい!

過失割合が少なくても損害賠償を支払う必要が生じる場合もあります。交通事故の過失割合について注意しておくべき事は、自分側の過失割合が小さくても、相手側の損害が大きければ自分が負担する金額も大きくなってしまうという事です。反対に自分側の損害金額が小さければ相手の過失がどんなに大きくても、請求できる金額は少なくなってしまいます。

あくまで損害賠償というのは「生じた金額のうち相手の過失分だけが請求できる」というものですので相手側がどんなに悪かろうと(過失割合が高かろうと)自分に損害が生じていなければ相手側に損害賠償を請求する事はできませんし、反対に相手の損害賠償が大きければこちらの過失がいくら低くてもそれなりの金額を賠償しなければならないのです。

事故後は迷わず、相談からでも大丈夫ですので今すぐご連絡下さい。

適切な対応方法や今後どうしていけば良いのかなど様々な件に対してお力になれると思います。お待ちしております!

お問い合わせ

白鷗大前接骨院

白鷗大前接骨院

住所
〒323-0041
栃木県小山市大行寺1029-1
院長
星野 浩紀

受付時間

白鷗大前接骨院

白鷗大前接骨院

住所
〒323-0014
栃木県小山市大字喜沢1475
院長
木本 健太

受付時間